DIY(リビングテーブル塗装)

今回は、リビングテーブルが傷だらけで、嫁から買い換えたいと依頼がありました!

しかし、家を建てた時に購入したテーブルで、そこそこの値段で購入した為か、愛着が湧いているテーブルでした!

せっかくブラック&デッカーのアタッチメント型でサンダーがあるので試したいのもあり塗装する事にしました!


Screenshot_20200414-085933~3

そして今回選んだ塗装が、オスモカラーのウォルナット

オスモカラーは用途に合わせて色々な種類があり、僕はウッドワックスタイプを選びました!

0.75Lで¥6000ぐらいなので高価過ぎると思っていました・・・

しかし、使用して分かるのですが、むしろ安く済む事に気付きます!


オスモカラーは、植物油(ひまわり油、大豆油、あざみ油)と植物性ワックスからできた自然塗料です。

その最大の特長は「木の呼吸」を妨げないところ。
ウレタン塗料のように表面に塗膜を張るのではなく、内部に深く浸透することによって木本来の調節機能を発揮させ、四季を通じて心地よく健やかな住空間づくりに貢献します。化学物質を一切含まず、食品と同レベルの高い安全性を誇るから、小さなお子様のいるご家庭でも安心。木の心地よさを存分に引き出す、人と自然にやさしい塗料です!

元々はウレタン塗装で仕上げていた、テーブルだと思うのですが、メンテナンスも考えてオイル塗料で仕上げたいと思います!

次いでに、前回製作したディスプレイ収納テーブルも塗装したいと思います!


DSC_0112(2)~2

写真では分かり辛いですが、塗装が剥げて、傷が付いています

240番の紙ヤスリを装着し、サンダーで削っていきます!


DSC_0113(2)~2

全体的に傷が目立たなくなるまで、均等に削っていきます!

削りカスが大量に出るので、メガネと作業着は必需です!


DSC_0114(2)~2

ウッドワックスは1回塗りで半透明仕上げができ、2回塗りすると若干濃い目に仕上がるみたいです!

塗って思いましたが、とにかく塗り易く、良く伸びます!

一度ハケで塗って、固めのスポンジで伸ばすのですが、ハケで取った塗料で全て塗れてしまいました!

なので天板だけだと少量の塗料で済みます!

一度塗って様子を見て薄く感じたので、2度塗りしました!

難点は乾燥に12時間以上(11月ぐらい)は経過したと思います


DSC_0116(2)~2

ディスプレイ収納テーブルもいい色に仕上がりました!

素人でもムラなく塗れるのも嬉しいですね!

DSC_0117(1)~2

油分が浸透しているので少量の水を溢してもはじきます!

安く済む理由は、オイルなのでとにかく良く伸びる!!

この後も、大物家具を製作して塗っていますが、相当量を塗っています!

現在の段階で0.75Lのオスモカラーは、まだ劣化せずに、後少し残っています!(蓋はビニール付き養生テープでぐるぐる巻きで保管中)

恐らく今後、オイルカラーから抜け出せないと思います!


ランキング参加中です‌
応援クリックして頂ければ嬉しいです